羽毛布団

2021年冬 2万円の安い羽毛布団♪失敗しない選び方とおすすめ5選♪

悩んでいる方
悩んでいる方
羽毛布団が欲しいけど、高いのは手が出せない…
安い羽毛布団でいいけど、失敗したくない…
悩んでいる方
悩んでいる方
安くてコスパのいい羽毛布団を知りたい…

この記事ではこんなお悩みにお答えします。

この記事で解決できること

『予算2万円の羽毛布団をおすすめする方とそうでない方』

『ネットで買える安くてコスパのいい羽毛布団5選!』

『安いけど選んではいけない羽毛布団!失敗しないための3つのポイント!』

予算2万円は羽毛布団の相場でいえば、最低ラインの価格帯になってきます。

最低ラインの価格帯ですが、1番枚数が売れているのも、この予算2万円の羽毛布団です。

2万円の羽毛布団で、失敗している方もいれば満足している方もいます。

その運命の分かれ道はなにか。

それは以下の2つのポイントです。

  1. 2万円の羽毛布団が、あなたのライフスタイルや使い方に合っているか
  2. 粗悪な羽毛布団を選んで買ってしまわないか

まず初めにあなたのライフスタイルや使い方で、「予算2万円の羽毛布団」に満足できるか、満足できないかをみてください!

お答えするのは

僕は「2万円」「5万円」「8万円」「12万円」「35万円」の羽毛布団を実際に使って、違いを体感してきました。
今まで見て触れてきた羽毛布団は300種類を超えています。
本当の価値がわかりづらいモノだから、メーカーやショップのタテマエでは語れないホンネの情報をお伝えします。

予算2万円の羽毛布団をおすすめする方とそうでない方

あなたが予算2万円の羽毛布団を「満足できる方か、できないか方」をチェックしてみましょう。

チェックポイント

毛布が好きなので寒い時期は一緒に使う

冬場はフリースパジャマなど厚手の服を着て寝る

睡眠時、部屋の温度をエアコンで調整する

寝具は数年使えば買い替える予定

いかがでしたか?

当てはまる項目が多いなら、予算2万円の羽毛布団でも満足してもらえます。

逆に全く当てはまらないなら、「予算2万円の羽毛布団」では失敗してしまいます。

当てはまらなかった方は、もうワンランク上の羽毛布団をおすすめします。

ぬっく~
ぬっく~
お客様用としてなら2万円の羽毛布団でも十分ですよ♪

予算2万円で買える羽毛布団!おすすめ5選♪

それでは予算2万円で買える、おすすめの羽毛布団を紹介していきます。

もちろん、おすすめする理由についても解説していきます。

2万円までの羽毛布団の中からプロの目で見て、「これはおすすめできる!」というものを厳選しています。

大手メーカー昭和西川の羽毛布団がこんなに安いとは…

 

商品のスペック

側生地 ポリエステル85% 綿15%
ダウン 中国産ホワイトダックダウン85% フェザー15%
ダウンパワー(DP) 350以上
充填量 1.1㎏
キルト 立体キルト
備 考 昭和西川 日本製

 

おすすめポイント
  • 昭和西川の羽毛布団

2万円よりも更に安い、1万8千円以内で買える羽毛布団。
それが大手メーカー「昭和西川」だから驚きです。

スペックもダウン85%、立体キルト、詰め物1.1kgと冬用の羽毛布団として問題ありません。

ダウンは中国産ですが、昭和西川って実は中国産のダウンを多く取り扱っています。

昭和西川は寝具業界ではトップクラスの大手メーカーです。
小さなメーカーやお値段以上の家具屋さんと比べ、厳しい基準を設けているので、中国産のダウンでも安心です。

百貨店から量販店まで取り扱っている、大手メーカーだから安心ですね!

ぬっく~
ぬっく~
まさか大手メーカー昭和西川の羽毛布団がこんなに安いとは…

 

この羽毛布団が今の基準!

 

商品のスペック

側生地 ポリエステル85% 綿15%
ダウン ダックダウン90% フェザー10%
ダウンパワー(DP) 370以上
充填量 1.2㎏
キルト 記載なし
備 考 昭和西川 日本製

 

おすすめポイント
  • 昭和西川の羽毛布団
  • ポリジン加工

大手メーカー昭和西川の公式ショップのオリジナル商品。

ダウン90%、詰め物1.2kgと冬用の羽毛布団としてスペックは問題ありません。

側生地は「ポリエステル85% 綿15%」とこの価格帯ではよくある生地です。

ですが、この生地には昭和西川の強みでもある、ポリジン加工が施されています。

ポリジン加工とは
スウェーデン大手化学薬品メーカーポリジン社により開発。
天然の銀イオンにより、微生物やバクテリアの成長を抑制し、抗菌効果をもたらします。
側生地にポリジン加工を施すことで、生地はいつも新鮮で、長期間にわたってニオイの発生を抑えます。

メーカー直販の羽毛布団だから、この羽毛布団の品質が予算2万円の現在の基準となります。

ぬっく~
ぬっく~
大手メーカーの直販だから安心感が違います!

 

衝撃!人気のポーランドダウンの羽毛布団がこの価格!

商品のスペック

側生地 ポリエステル85% 綿15%
ダウン ポーランド産シルバーダックダウン90% フェザー10%
ダウンパワー(DP) 360以上
充填量 1.2㎏
キルト 4×5マス立体キルト 中央増量
備 考 日本製

 

おすすめポイント
  • ポーランド産のダウンを使用
  • 羽毛の詰め物量が1.2kg
  • 中央増量
  • 殺菌、脱臭、防カビ、防ダニ加工

1番のおすすめポイントは「ポーランド産のダウン90%」を使用していること。
しかも、産地証明書付き!正直驚きです…

詰め物量が1.2kgも入っているのも大きなポイントです。
羽毛布団は0.1kg違うだけで保温力が全然変わってきます。

最近は羽毛価格の高騰で、安価なものは冬用の羽毛布団でも1.0kgが多くなっているのに、
この羽毛布団は0.2kgも多い1.2kgも入っています。

ダウンの詰め方も衿元、足元、全身を包む縦の中央が増量されています。
ユーザーが欲しいところに増量されており、使用者のことを考えられて作られています。

オゾン加工で殺菌、脱臭、防カビ、防ダニ対策もされており、衛生面もバッチリです!

寝具のネット通販なら大手のふとんタウンが、販売しているのも安心です。

ぬっく~
ぬっく~
正直、2万円+税とは思えないほどの商品になっていると思います(驚)

 

高レビュー多数!アフターケア万全の羽毛布団

商品のスペック

側生地 ポリエステル85% 綿15%
ダウン カナダ産ホワイトダックダウン85% フェザー15%
ダウンパワー(DP) 350以上
充填量 1.3㎏
キルト 4×5マス立体キルト
備 考 日本製

 

おすすめポイント
  • 詰め物量1.3kg
  • 自社工場製で万全のアフターケア
  • 高評価レビュー多数

ダウンは85%と特別高くありませんが、詰め物量が1.3kgも入っているのが大きなポイントです。

羽毛布団は0.1kg違うだけで保温力が全然変わってきます。
最近は羽毛価格の高騰で、安価なものは冬用の羽毛布団でも1.0kgが多くなっているのに、
この羽毛布団は0.3kgも多い1.3kgも入っています。

この羽毛布団は「羽毛ファクトリーすやすや」の自社工場で作って、自社で販売し、自社でアフターケアまで行っています。

まるでiPhoneのアップルのように、すべてが自社サービスで完結するような仕組みになっています。

羽毛布団には3年保証もついており、もし何かあっても「羽毛ファクトリーすやすや」がすべての責任をもって対応してくれるので、安心ですね。

楽天市場の商品ページでは、羽毛布団のレビューもたくさん書かれています。

いつもここ
羽毛の品質に間違いがなく、安心して購入できます。ネット購入の羽毛布団はいろいろトラブルもあるようですが、
4回購入して、いままで一度もそのようなことはありません。
においも、もちろんなく、本当にありがたいです。今使っている羽毛布団がダメになったらまたこちらで購入します。
40代 女性購入者
あたたかいで~す
自分だけ羽毛布団の心地良さを味わっていてはいけないと思い,家内の分も購入しました。要らないと言っていたのに軽さ,暖かさに満足の様子です。
60代 男性購入者
凄く軽くて匂いも気になりませんでした。
とても良い買い物ができました。
50代 女性購入者

楽天市場商品ページのレビューより引用

ぬっく~
ぬっく~
高評価のレビューも多く、長年にわたり購入者さんに喜んでもらえている羽毛布団です。

 

予算2万で見つけた!ロイヤルゴールドラベルの羽毛布団

商品のスペック

側生地 ポリエステル80% 綿20%
ダウン ダウン93% フェザー7%
ダウンパワー(DP) ロイヤルゴールドラベル(DP400以上)
充填量 1.2㎏
キルト 4×5マス立体キルト
備 考 日本製

 

おすすめポイント
  • ロイヤルゴールドラベル付き
  • 羽毛の詰め物量が1.2kg
  • 抗菌・除菌・防臭・防ダニ・防カビ加工
  • 3年保証

ダウンは93%と高く、さらに日本羽毛協同組合が認定しているロイヤルゴールドラベルが付いています。

日本羽毛協同組合が発行するゴールドラベルは厳しい審査を通過した、羽毛布団にしかつけられません。

ゴールドラベルが付いていれば安心感が違います。

詰め物量が1.2kgも入っているのも大きなポイントです。
羽毛布団は0.1kg違うだけで保温力が全然変わってきます。

最近は羽毛価格の高騰で、安価なものは冬用の羽毛布団でも1.0kgが多くなっているのに、
この羽毛布団は0.2kgも多い1.2kgも入っています。

オゾンフレッシュ加工で抗菌・除菌・防臭・防ダニ・防カビ対策もされており、衛生面もバッチリです!

ぬっく~
ぬっく~
3年保証もついているので、通販に不安を感じる方には安心ですね。

 

安いけど選んではいけない羽毛布団!失敗しないためのポイント!

予算が2万円以内の羽毛布団の中でも選んではいけない、失敗しないためのポイントを解説します。

シンプルにこの2点だけ注意してみてください。

こんな羽毛布団を選んではいけません

羽毛のダウン率が80%以下

側生地の素材がポリエステル100%

羽毛のダウン率が80%以下だと純粋に保温力がなく、あまり暖かくなりません。

ダウン率が低くて羽毛のふくらみを示すDPが高いことってありませんからね。

値段が安くて羽毛布団のダウン率が50%程度のものもあったりしますが、本当におすすめしません。

ほとんど羽根布団ですから、みなさんが想像している羽毛布団とは違います。

側生地の素材がポリエステル100%のものはおすすめできません。
なぜならポリエステル100%の場合だと特別な加工をされていない限り、吸湿性や吸水性がないのでムレてしまいます。

寝ていてムレると寝心地も悪く、途中で目を覚ますことも多くなってしまうので睡眠の質が悪くなる原因になってしまいます。

安いお布団の側生地がポリエステル100%の場合のほとんどはそういった機能性加工がされていないのでおすすめできません。

ムレにくくなるよう機能性加工がされているポリエステル100%もありますが、2万円ラインの羽毛布団にされていることは99.9%ありません。

予算2万円で羽毛布団を探す場合は、以上2点に注意すると失敗する確率がグッと減りますよ。

予算2万円で失敗しないための羽毛布団の選び方まとめ

この記事では

『予算2万円の羽毛布団をおすすめする方、できない方』
『ネットで買える安くてコスパのいい羽毛布団5選』
『安いけど選んではいけない羽毛布団!失敗しないためのポイント3点!』

をご紹介しました。

羽毛布団って選ぶの難しいですよね。

値段の幅も大きく、機能性も違違いますし。

せめて電化製品のように具体的な商品名で検索できたり、数値だけで判断できれば良いのですが…

この記事では予算2万円で買える羽毛布団についておすすめをピックアップしてみました。

もう少し上の金額の商品だと羽毛だと、ダウンや側生地の素材のおすすめポイントも変わってきます。