羽毛布団

羽毛布団の洗濯方法【おすすめはクリーニングです!】

『羽毛布団のお洗濯って「家で洗う」「クリーニングに出す」「コインランドリーで洗う」色々あるけど、どの方法がいいのだろう?』

こんな悩みをお持ちの方に、この記事は読んでもらいたいです。

結論をいえば、羽毛布団のお洗濯で1番おすすめなのは【クリーニング】です。

なぜなら、羽毛布団は非常に繊細な品物です。
正しいお洗濯をしないと、大変なことになってしまいます。

この記事では、クリーニングでの洗濯をおすすめする理由と注意点について、わかりやすくお話しします。

羽毛布団を大切に使いたいなら洗濯はクリーニングの一択!

羽毛布団は非常に繊細なため、正しく洗濯をしないと羽毛布団の寿命が縮んでしまいます。

最近はコインランドリーでお洗濯される方もいらっしゃいますが、羽毛布団を大切に使いたいなら洗濯はクリーニングの一択です。

洗濯の仕方は大きく分ければ2つあります。

「自分の都合にあわせた簡単な洗濯方法」と「品物にあわせた丁寧な洗濯方法」です。

Tシャツやタオルなど、毎日洗うものは自分が洗いやすいようご家庭で簡単に洗濯しますよね?
ですが、高級なコートなどはどうでしょうか?シーズンオフにクリーニングに出しませんか?

あなたにとって羽毛布団はどうでしょうか?

ダメになったら簡単に買い替える品物ですか?それとも長く大切に使いたい品物ですか?

簡単に買い替えるつもりなら、コインランドリーで簡単に洗うのもいいでしょう。

ですが、せっかく良い羽毛布団と出会えているのなら、長く大切に使いたくありませんか?

長く大切に使っていきたいのなら、羽毛布団の洗濯は洗濯のプロであるクリーニングにお願いしましょう。

クリーニングに出す前に知っておいてほしいこと

羽毛布団はできるだけ洗濯しないほうが良い

羽毛布団のお洗濯はクリーニングに出すのが、1番おすすめの洗濯方法です。

しかし羽毛布団は本当は洗わないのがベターで、洗うほどに羽毛布団の寿命を縮めてしまいます。

理由は羽毛布団を洗濯すれば、汚れを落とす効果と同時に、羽毛や側生地を傷めてしまうからです。

動物の羽である羽毛は油分を含んでいます。羽毛の洗浄工程で油分は取り除きますが、必要な油分は残して吸湿発散性や羽枝の保護をします。
(油分をすべて取り除いてしまうと、羽毛の性能もなくなってしまいます。)

洗濯することで、この油分が落とされてしまうとダウンボールが壊れて小さくなり、かさ高や保温性が低下します。

また、羽毛を包んでいる側生地はわずかな隙間からダウンが飛び出さないようにダウンプルーフ加工を施しています。

洗浄から乾燥までの工程を繰り返すことで生地が弱くなると、生地のすき間ができやすくなり、そこから羽毛が飛び出すようになり、
羽毛布団の寿命が短くなってしまいます。

できるだけクリーニングにださなくていいよう、日々のお手入れが大切です。

羽毛布団をクリーニングに出すタイミング

羽毛布団を洗濯するタイミングは大きく分けて2ポイントあります。

「すぐにクリーニングに出したほうがよい時」と「羽毛布団の能力が落ちてきたからクリーニングに出す時」です。

・すぐにクリーニングに出したほうがよい時

すぐに羽毛布団をクリーニングに必ず出したほうが良いのは、人の汗など以外で汚した場合です。

たとえば、ジュースをこぼしてしまったや、ペットがおしっこをしてしまう等を起こしてしまった場合です。
ニオイはもちろんそのまま置いておくと、そこからダニなどが沸く要因となってしまいます。

これらが起こった場合はすぐにクリーニングに出すことをおすすめします。

・羽毛布団の能力が落ちてきたからクリーニングに出す時

ご使用の羽毛布団に下記のようなことを感じだしたら、クリーニングに出すタイミングだといえます。

・干してもふくらみが回復しなくなってきた

・匂いが気になる

・側生地の襟元などに目立つ汚れがある

などの状態であれば、クリーニングのタイミングと判断して下さい。

クリーニングのメリット

クリーニングをすることによって、長年染みついたニオイや、側生地の汚れがとれキレイになります。

しかし最大のメリットは干すだけでは取り除けない、汗の塩分や埃チリを洗い流せることです。

寝ている間に付いてしまった皮脂や汗からの塩分、また埃やチリなどは発散されません。

羽毛布団を長年使っていると、や汗からの塩分、また埃やチリなどはゆっくりと確実に布団の中に浸透してきます。

それらが、保温性の鍵を握るダウンボールに少しづつ絡み付いて、ダウンボールが汚れでコーティングされてしまいます。

汚れでダウンボールが汚れでコーティングされてしまうと、ふんわり放射状に広がっていた羽枝が次第にくっつき合い、
ふくらみを失ってゆきます。

これが、「干してもふくらみが回復しなくなってきた」原因です。

適切なタイミングでクリーニングに出すことで、汚れの蓄積によって起るへたりと保温性低下など低下した機能を解消します。

羽毛布団のクリーニングを得意とするお店を選ぼう!

ここまで読んでいただいた方は、羽毛布団を大切に長く使っていきたい方だと思います。

そうであるなら羽毛布団のクリーニングは、お店選びも大切です。

なぜなら、羽毛布団と一言でいっても種類はたくさんあるからです。

ダウンの種類や側生地の種類によっても、洗い方は変わってきます。

羽毛布団を正しく洗うためには、クリーニング店の知識も大切です。

クリーニング店といっても色々あります。

羽毛布団をクリーニングに出すなら、羽毛布団を得意としているクリーニングに出すのがおすすめです。

ご近所のクリーニング店の方と相談して、素材に応じた適切なコースで依頼してください。

クリーニング店にも「安かろう悪かろう」のお店があります。

それではクリーニングに出す意味がないので、依頼するクリーニング店は、信頼できるお店にお願いするようにしてください。

「餅は餅屋」というように、洗濯は洗濯のプロであるクリーニング屋さんに頼むことで、羽毛布団にとって1番負担の少ない方法でキレイにしてくれます

ご近所に羽毛布団が得意なクリーニング店がない場合や、クリーニング店に持ってくのがめんどくさいと感じる方には、
インターネットでクリーングに出すのもよいかと思います。

まとめ

羽毛布団を洗うなら、羽毛布団が得意なクリーニング店に出すのがおすすめです。

羽毛布団は洗いすぎると寿命を縮めてしまします。

クリーニングに出すタイミングと頻度には気をつけましょう。

適切な時期にクリーニングに出すことで、少し弱ってきた羽毛布団を回復することができます。

せっかく良い羽毛布団を使われている方は、少しクリーニング代がかかっても、
信頼できるクリーニング店にだすほうが結果的に長く使えるので経済的にもお得になります。

ABOUT ME
ぬっく~
ふとん屋経験者。 初めて使った羽毛布団に感動♪ みんなにも羽毛布団を好きになってもらいたく、このサイトの運営を始めました。よろしくお願いします!