羽毛布団

汚れ防止だけじゃない!カバーは羽毛布団の大切なパートナー

こんにちは。
管理人の「ぬっく~」です。

「羽毛布団ってカバーを着けないほうが気持ちいいじゃない?」

「羽毛布団ってカバーを着けると暖かくなくなるのだけど…」

「羽毛布団に着けたカバーがよくずれるのだけど…」

よくこういった理由で羽毛布団にカバーを着けたがらない方がいますが、「羽毛布団を使用する際は必ずカバーを着けてください。」

カバーを着けないと、すぐに汚れてしまったり傷めやすくなってしまうからです。

ではなぜ、カバーを着けたがらなくなってしまうのか。

結論を言えば「カバーと羽毛布団の相性が悪いから」です。

えっ!でも羽毛布団専用カバーを使っているよ。と思った方かたもいらっしゃるかもしれませんね。

それではそのワケを解説させてもらいます。

カバーと羽毛布団には相性あります。【重要です】

羽毛布団とカバーには相性があります。

相性の良いカバーを着ければ、羽毛布団はより暖かく気持ちよくつかえますが、
相性の悪いカバーをつければ羽毛布団は暖かくなくなり気持ち悪くなります。

そして最悪の場合は羽毛布団の寿命さえ、縮めてしまうこともあります。

羽毛布団がピンからキリまであるように、羽毛布団専用のカバーにもピンからキリまであります。

もしかして、羽毛布団は頑張ってお値段を出したけど、カバーは何でもよいと思ってケチって粗悪なカバーを使っていませんか?

粗悪なカバーとは
・すぐに毛玉ができる
・ファスナーが壊れやすい
・すぐに破れる
・静電気が起きやすい

粗悪なカバーを使っているのならすぐにやめることをおすすめします。

羽毛布団の良さを活かすも殺すもカバー次第です。
カバーはただの汚れ防止だけのために着けるわけではありません。

羽毛布団にとってカバーは大切なパートナーです。

カバーは直接肌に触れる機会が多く、好みもあるかと思いますが、
しっかりと相性の良いカバーを選んで着けてあげることをおすすめします。

相性の良い羽毛布団カバーの選び方

羽毛布団と相性の良いふとんカバーの目安として、羽毛布団の側生地とよく似た素材のカバーを選ぶことです。

そうすることで、1番初めに挙げた多くの方が感じている疑問を解決することができます。

羽毛布団ってカバーを着けないほうが気持ちいいじゃない?

羽毛布団ってカバーを着けると暖かくなくなるのだけど…

羽毛布団に着けたカバーがよくずれるのだけど…

これらの解決方法を詳しく解説させていただきます。

「羽毛布団にカバーを着けないほうが気持ちいい」の解決方法!

羽毛布団にカバーを着けないほうが気持ちいいと感じられる方は、おそらく良い羽毛布団に対して良いカバーを着けていない可能性が高いです。

カバーを着けないほうが気持ちいいと感じられるのは、羽毛布団の生地が柔らかくて気持ちいいからではないでしょうか?

やわらかくて気持ちの良い羽毛布団の生地のほとんどは超長綿を使っています。

その超長綿の生地に対して、超長綿よりも固い生地のカバーを着けていることが原因です。

エジプト綿やスーピマコットンなど、カバーにも超長綿のような柔らかな生地を使っているものもあります。

羽毛布団にカバーを着けないほうが気持ちいいと感じられる方は、こういった柔らかなカバーを着けると解決します!

羽毛布団の側生地に60サテンや80サテンがあるように、カバーにもありますので気を付けてください。

「羽毛布団ってカバーを着けると暖かくなくなるのだけど…」の解決方法!

原因は羽毛布団とカバーの格差です。

高級な羽毛布団に安価なカバーを着けてしますと、せっかくの羽毛布団の良さが死んでしまいます。

最近特に多いパターンが、生地がやわらかな超長綿を使っている羽毛布団に、安価なフリースカバーを着けてしまう事です。

フリースカバーを着けることで一見、暖かそうにみえますが、実際には寒くなってしまいます。

なぜなら、羽毛布団は使用者の体温を羽毛布団内に留めることで寝床内が暖かくなります。

しかし、通気性の悪いフリースカバーを着けることで、体温が羽毛布団に伝わらないようになります。

羽毛布団に体温が伝わらないため、羽毛布団が暖かくならなくなり、羽毛布団の効果がなくなります。

羽毛布団の良さが死んでしまっているため、この場合はフリースカバーの暖かさのみを感じることになり、寒くなってしまうのです!

結果的にフリースカバーだけで眠っているような感じになってしまいます!

コチラのパターンは少ないですが、逆に安価な羽毛布団にシルクのような高級なカバーを着けてしまうことです。

高級カバーのほとんどは、触りがやわらかく通気性が良いものが多いため、カバーそのものは全く暖かくありません。

言葉は悪いですが、安価な羽毛布団はあまり保温力がありません。

それよりもフリースカバーなどカバーそのものが暖かいものを使い、寝床内を蒸らすような使い方をしたほうが暖かくなります。

羽毛布団に着けたカバーがよくずれるのだけど…

羽毛布団に着けたカバーがよくずれてしまうのは、ほとんどの場合が羽毛布団の生地のせいだと思います。

羽毛布団の生地がポリエステル100%やポリエステル85%のものは、生地がつるつると滑りやすくカバーがズレやすくなります。

そういった場合は良いか悪いかは別として、ポリエステル100のカバー(フリース)など静電気が起こりやすいカバーでズレにくくするしかないです。

まとめ

羽毛布団とカバーは相性が大切です。

羽毛布団とカバーに格差があるとあまり相性が良くないパターンが多いです。

目安として、羽毛布団を購入した金額の2割程度のカバーを探されるのがよいかと思います。

その際はカバーの素材は要チェックです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
他にも気になる記事がありましたらお読みください♪

ABOUT ME
ぬっく~
ふとん屋経験者。 初めて使った羽毛布団に感動♪ みんなにも羽毛布団を好きになってもらいたく、このサイトの運営を始めました。よろしくお願いします!